2024.4.22 mon

ワン アンド オンリー 特設ページ

作家自身が選ぶ、渾身の一作と最新作をご紹介する『ワン アンド オンリー』

“唯一無二の表現”
“かけがえのない存在”
+“特別な作品”


伝統を踏まえ、今様の美を掬い上げ、
新時代を創るアーティストたちをご紹介します

《展覧会情報》
ギャラリー桜の木 軽井沢
2024年4月26日(金) - 5月27日(月)
10:00-18:00 *最終日16:00まで 火・水・金 休廊  GW無休 » 続きを読む

2024.3.9 sat

平松礼二 vol.1 “睡蓮”

*こちらは2020年9月に掲載した記事です

「大作を3点同時に進行して描けるように…」と軽井沢のアトリエを3倍の広さに改装した平松礼二。
現在進行中のプロジェクトなどを伺いに、睡蓮咲く軽井沢のアトリエへ。 » 続きを読む

2024.3.1 fri

阪本トクロウ vol.1 “まなざし”

*こちらは2020年8月に掲載した記事です

日常のなにげない風景を独自の視点で捉え描く、日本画家 阪本トクロウ。
葡萄畑、桃畑に囲まれた山梨県のアトリエへ。 » 続きを読む

2023.11.10 fri

Jean Marie Zacchi vol.1 “赤い点”

*こちらは2020年8月に掲載した記事です

フランス・コルシカに生まれ、12歳から絵画を始める。19歳でパリのル・サロンに初出品。フランス画壇を牽引し、国家功労勲章、レジョン・ド・ヌール勲章、芸術文化勲章を受章。画業60余年の今現在も前進し続ける、ジャン・マリ・ザッキの「アトリエからこんにちは」です。 » 続きを読む

2023.11.10 fri

大和田いずみ vol.2 "海"

*こちらは2020年10月に掲載した記事です

大和田いずみは海には特別の思いがあるという。
vol.2のテーマは"海"。
平塚海岸でのスケッチに同行しました。 » 続きを読む

2023.10.7 sat

木村圭吾 vol.2 "龍"

*こちらは2021年2月に掲載した記事です

「沢山の先輩方の描いた"龍"を越えなければ、本物の龍に出会えない」
vol.2では、生涯追求していきたいという"龍"について取材いたしました。 » 続きを読む

2023.7.28 fri

佐々木理恵子 vol.1 “青葉”

*こちらは2020年7月に掲載した記事です

緑溢れ、花の名所も数多い湘南藤沢のアトリエで制作する日本画家佐々木理恵子。
青葉のシリーズについてお伺いしました。 » 続きを読む

2023.4.5 wed

中西 和 vol.4 "春"

*こちらは2021年3月に掲載した記事です

季節がめぐり、愛らしい花や鳥の声が春の訪れを告げる鎌倉のアトリエ。
第4回は春をテーマにお伺いしました。 » 続きを読む

2023.4.2 sun

吉岡耕二 vol.1 “色彩の旅”

*こちらは2020年9月に掲載した記事です

独特な色づかいで、“色彩の魔術師”とも呼ばれる国際的アーティスト、吉岡耕二。
パリ、ヴェネチア、エーゲ海、ニューヨーク等、大胆な構成と弾ける色彩で描く世界各地の風景。
1967年から始まり、今なお続いている、“色彩の旅”についてお伺いしました。 » 続きを読む

2023.4.1 sat

大和田いずみ vol.1 “花”

*こちらは2020年6月に掲載した記事です

関東三大七夕祭りで有名な平塚市。
平塚駅に程近いアトリエと、晴れた日には海と富士山が望める
自宅アトリエで制作する大和田いずみ。

人物画や海や街、多彩なモチーフのなかで、
第1回は“花”という主題と、制作のプロセスについてお聞きしました。 » 続きを読む