阪本トクロウ  vol.1  “まなざし”

2020.8.28

阪本トクロウ vol.1 “まなざし”

« 1 2 «

阪本トクロウ先生からのプライベートメッセージ

来年2021年1月9日〜2月28日に武蔵野市立吉祥寺美術館で個展が開催される予定です。本格的な回顧展になります。以前ギャラリー桜の木で発表した作品の中から、数点、出品の打診をしているところです。また詳細が決まりましたらお知らせ致します。

阪本トクロウ

【武蔵野市立吉祥寺美術館HP】
武蔵野市立吉祥寺美術館の詳細はこちらからご覧ください。

Slider

阪本トクロウ作品01
水面

技法     アクリル、岩絵具/高知麻紙
制作年    2019年
作品サイズ  P30(65.2cm×91cm)
額寸     現状額装未
価格     ¥1.050.000(税込価格¥1.155.000)※額代込みのお値段です
【額装について】
当社推奨額装にて制作致します。
額およびマットの色は、お選びいただけます。
推奨額装以外でご希望の場合、別途お見積にて制作致します。お気軽にご相談下さい。

「水面のゆらいでいるけれどもちょっと奥行きのある状態と、画面上部のクリアーな部分とを対比して描きたいと思った作品。
水面表現はいろいろ描いていますが、この作品は木の部分に岩絵の具の緑青などを流して描いた珍しいタイプです」

Slider

阪本トクロウ作品02
呼吸

技法     アクリル/高知麻紙
制作年    2017年
作品サイズ  S5 (35×35cm)
額寸     43.7cm×43.7cm×厚み6.3㎝
価格     ¥300.000(税込価格¥330.000)※額代込みのお値段です

「身の周り、近所の風景、日常的なモチーフを描くということは、ずっと続けていること。川原の土手のサイクリングロードあたり、橋があってちょっと坂になっている、自分のごく身近な風景。
何でもないものだけれども、それがすごく愛おしい、という作品」

Slider

阪本トクロウ作品03
田園

技法     アクリル/高知麻紙
制作年    2020年
作品サイズ  F10(45.5cm×53cm)
額寸     55.3cm×62.9cm×厚み3㎝
価格     ¥500.000(税込価格¥550.000)※額代込みのお値段です

「取材地はドイツ。高速道路から見たずっと続く風景。
ドイツは畑が多く、なだらかに続いている。広い場所の広さ自体を描いた田園風景。
ありそうで、それでいて見たことの無いような風景を描きたかった」

Slider

阪本トクロウ作品04
地図 2016 ground and figure

技法     アクリル、岩絵具/高知麻紙
制作年    2016年
作品サイズ  P20(53×72.5㎝)
額寸     現状額装未
価格     ¥780.000(税込価格¥858.000)※額代込みのお値段です
【額装について】
当社推奨額装にて制作致します。
額およびマットの色は、お選びいただけます。
推奨額装以外でご希望の場合、別途お見積にて制作致します。お気軽にご相談下さい。

「地図のシリーズ。湿地帯の残雪。雪の模様が面白くて描いた作品。
このシリーズの点数は少ないが、また描きたいモチーフ。
とても気に入っています」

Slider

阪本トクロウ作品05
呼吸

技法     アクリル、岩絵具/高知麻紙
制作年    2016年
作品サイズ  30cm×25cm
額寸     40cm×35cm×厚み3.5cm
価格     ¥200.000(税込価格¥220.000)※額代込みのお値段です

「ヒビはコンクリートのひび割れ。ひとり座っていたときに、コンクリートの打ちっぱなしの床が割れているのをじーっと見ていたところから着想しています。ひび割れ自体がおもしろくて見つけた、身近な極小の世界。
造形的には、コンクリートのしみや汚れを、絵の具を垂らしたりして自然に生まれた陰影を活かして表現し、最後にひびを描いてコンクリートに見える状態にしたかった。
大きな発見であろうと小さな発見であろうと、発見が大事。そういう視点で描いた作品」

Slider

阪本トクロウ作品06
夜景 2016 night view

技法     アクリル、岩絵具/高知麻紙
制作年    2016年
作品サイズ  S20(72.5cm×72.5㎝)
額寸     現状額装未
価格     ¥910.000(税込価格¥1.001.000)※額代込みのお値段です
【額装について】
当社推奨額装にて制作致します。
額およびマットの色は、お選びいただけます。
推奨額装以外でご希望の場合、別途お見積にて制作致します。お気軽にご相談下さい。

「飛行機から見た光景がモチーフ。点だけでつくられた作品。
街の灯り、光をそのまま光だけで作品にしたいな、と。小さな光の丸、少し大きな光の丸、
明るさ、暗さを、何十種類もの色を使いながら、光の点だけで画面を作る。
街の形や建物が、光だけでその形がうっすらと見えてくる微妙な面白さ」

Slider

阪本トクロウ作品07
パララックス

技法     アクリル/高知麻紙
制作年    2013年
作品サイズ  F10(45.5cm×53cm)
額寸     現状額装未
価格     ¥500.000(税込価格¥550.000)※額代込みのお値段です
【額装について】
当社推奨額装にて制作致します。
額およびマットの色は、お選びいただけます。
推奨額装以外でご希望の場合、別途お見積にて制作致します。お気軽にご相談下さい。

「テーマとコンセプトが最初にあり、“画面に触れずに均一につくる“という意図で制作した作品。
画面を下に置いて、絵の具をざるや網で弾いて、飛沫だけで全部作って、描かない、絵に触れない。いろいろな色を振りまいていって、その色をじっと見ていると何かが見えてくるような…。
何が見えるのかは人それぞれ異なる、ということそのものがテーマです」

Slider

阪本トクロウ作品08

技法     アクリル、岩絵具/高知麻紙
制作年    2020年
作品サイズ  S10(53cm×53cm)
額寸     63cm×63cm×厚み3cm
価格     ¥560.000(税込価格¥616.000)※額代込みのお値段です

「描いていていつも思うのですが、“桜”は記憶に触れるモチーフです。
過去の記憶が重なって、みんなそれぞれの感慨をもって桜を観ているのだろうと思います」


◆ 編集後記 ◆

父の日のイラスト
「長女と次女です。
長女の方はしっかり描く。僕はビールを飲まないんですけど…(日本酒党です)」
阪本トクロウ
◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
先生のアトリエのデスクにさりげなく置かれていた父の日のカードです。
とても可愛くて、思わずパチリ!
スタッフ一同、ほっこり致しました。

« 1 2 «