「 錦秋紅葉谷」日本画6号「春爛富士」日本画 SM「清流 奥入瀬」日本画 10号「富士 白糸の滝」日本画 3号「白龍」日本画 8号「黎明」日本画6号

*掲載写真は作品の一部です。各画像をクリックすると拡大します。

木村 圭吾

木村 圭吾

Kimura Keigo

再生するエネルギーをはらんだ光は、宇宙からのご褒美だと思う。

その恩恵を受けて、芸術家は新しい光を発していかなければならない。

なげかけられる光となげかける光の交感を筆にのせていきたい。

 

木村圭吾

主な作品収蔵先

箱根・成川美術館  練馬・光が丘美術館  等

年譜

1944年 京都府深草生まれ
    中学時代から画家を志し山村眞備に入門、高校卒業後は山口華楊に師事
1974年 シェル美術賞展佳作賞受賞
1986年 東京へ転居
1987年 滋賀県立近代美術館にて個展
1989年 東京セントラル絵画館で個展「桜花の譜」
1991年 富士を仰ぐ静岡県駿河平に画室を構える
1992年 箱根・成川美術館にて「ほとばしる生命のたぎり」木村圭吾展
1993年 「両洋の眼展」に出品(以降毎年)
1994年 光が丘美術館にて「開館一周年記念木村圭吾展」
1996年 富士美術館にて個展 
    倉吉博物館菅楯彦大賞展市民賞受賞
1997年 「鐘韻燦花物語-遥かなる旅路-木村圭吾日本画集」(毎日新聞社)出版
1999年 増上寺天井絵奉納 
    NHK大河ドラマ「元禄繚乱」装画担当
2001年 平安時代創建の大阪の名刹・法楽寺の障壁画完成
    「森羅万象-ほとばしる生命 木村圭吾 日本画の世界」(淡交社)出版
2002年 薬師寺に散華奉納
2003年 「木村圭吾さくら美術館」(静岡県長泉町)開館 2008年に閉館するまで、全国の多くのファンに愛される
2006年 カンヌ市・静岡市姉妹都市15周年記念特別展「天と地 日本画家木村圭吾の世界展千年桜と聖龍」(仏・カンヌ市) 
    「天と地 悠久の花舞台」(船橋市/読売新聞東京本社主催/船橋市教育委員会後援)
2007年 シルク・ドゥ・ソレイユ「ドラリオン」スペシャルサポーター参加
2009年 木村圭吾アートホール完成
2016年 画業50周年記念展(名古屋・京都)
2018年 平野美術館(浜松)創立30周年記念展「美の宇宙 木村圭吾・拡張する日本画 -生の躍動・美の飛翔-」

展覧会情報
この作家に関係する記事