2012.6.14 thu

カテゴリー:おしらせ
店舗:銀座本店
作家:林 美木子

林美木子先生インタビュー

平安の昔 御姫様たちが遊ばれた有職の美を 現代に息づかせる名匠・林美木子。 京都の先生のアトリエを訪ね、6月の個展のために試作中の「嵯峨人形」につてお話をお聞きしました。 インタビューページよりご覧ください。 » 続きを読む

2012.4.18 wed

カテゴリー:展覧会
店舗:銀座本店
作家:十七代 永樂 善五郎

寿ぎの譜

2012年4月6日、十七代永樂善五郎展「寿ぎの譜」が初日を迎えました。 2度開催された、永樂先生ギャラリートークには、多くの方に御参加頂き、 華やかな作品とともに、貴重なお話を楽しみました。 確かな永樂家の“和”の仕事。土の朗らかさが滲み出る、当代ならではの作品を どうぞ、ご覧ください。 十七代永樂善五郎展「寿ぎの譜」 ギャラリー桜の木 銀座本店にて 2012年4月21日まで... » 続きを読む

2012.3.22 thu

カテゴリー:展覧会
店舗:銀座本店
作家:篠田 桃紅

艸上花下 石上樹下

3月17日、篠田桃紅展初日は、多くの方にご来廊頂きました。 生憎のお天気で、篠田先生のご来廊は叶いませんでしたが、 お客様からは、 「先生のお作品から、なにより 力をエネルギーを頂けるわ。」 「お作品そのものが、先生のお姿のようだわ。」 とのお言葉を頂きました。 この3月に白寿をむかえられます、篠田桃紅先生。 世界に誇る偉大な女性芸術家の“いま”を御覧ください。 篠田桃紅展... » 続きを読む

2012.3.14 wed

カテゴリー:おしらせ
店舗:銀座本店

耐震工事中も元気に営業中

現在、壹番館ビルディングは、耐震補強リノベーション工事をしております。 ビルは白い布に包まれて、入り口にも白い柱ができておりますが、 『ギャラリー桜の木』は、いつも通り3階にて元気に営業中です。 皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。 耐震補強工事中の壹番館ビル入り口  » 続きを読む

2012.3.12 mon

カテゴリー:展覧会
店舗:銀座本店
作家:岩田 壮平

花時天似酔

岩田壮平展『花時天似酔』花の時 天花に酔へり 2012年 2/18~3/3 ギャラリー桜の木銀座本店にて開催されました。 この展覧会の為に書き下ろして頂いた作品とともに、 第42回日展 特選受賞作品 「すべての花が開くまで」 第45回日春展 日春賞受賞作品 「胸に咲く花」 この大作2点も同時にご覧いただける、またとない機会を 大勢の方に楽しんで頂けたことと思います。 会場入り... » 続きを読む

2012年 年間スケジュール

2012年 ギャラリー桜の木の年間スケジュールをお知らせいたします。 スケジュールは変更になるとこがございます。 その都度HPでご確認いただくか、お電話、メールにてお問合せください。 【銀座店】 2月 さくらさくら展      岩田壮平展“花時天似酔” 3月 篠田桃紅展“花下艸上 石上樹下” 4月 第十七代永樂善五郎展“寿ぎの譜” 5月 小さい画ッ!展   ... » 続きを読む

2012.1.19 thu

カテゴリー:おしらせ
店舗:軽井沢店, 銀座本店
作家:岩田 壮平

岩田壮平先生インタビュー

花にひそむ、天然の情緒を生け捕る画人 岩田壮平先生。 神代植物園をご案内いただきながら、2月開催予定の個展のお話を伺いました。 メニューよりインタビューページをご覧ください。 » 続きを読む

2012.1.13 fri

カテゴリー:おしらせ
店舗:軽井沢店, 銀座本店
作家:林 美木子

『王朝のかたち』刊行 

お待たせいたしました。 はじめての本格的な有職工芸の教科書『王朝のかたち』が、淡交社より刊行されました。 林美木子先生が王朝時代の雅に思いを馳せ製作した有職の美に、 東京国立博物館の猪熊兼樹先生が文章を添えられました。 ギャラリー桜の木 6月に開催の『林美木子展 雅のかたち』では、 この本の為に制作された作品をお披露目いたします。 どうぞお楽しみに。 *『王朝のかたち』は、各... » 続きを読む

2011.12.23 fri

カテゴリー:チャリティー活動
店舗:銀座本店
作家:水野 竜生

トルコ共和国大使館へ義援金お届け

2011年12月19日(月) 『水野竜生展』(11月12日~26日)において集まりました義援金¥346.800を、 皆様を代表し、水野先生と岩関が、トルコ共和国大使館のアングル大使へお届けいたしました。 東日本大震災の被災地と共に、トルコ東部ヴァン県の 一日も早い復興をお祈りいたします。 » 続きを読む

2011.12.7 wed

カテゴリー:展覧会
店舗:銀座本店
作家:水野 竜生

ピースな風景

2011年11月12日~26日 水野竜生展「ピースな風景」 印象派に倣い、外光の下で描くことにこだわってきた水野先生が、長年主題としてきた「橋」、 橋から見える風景を描いた作品が展覧されました。 瀬戸の、ぽっかりと浮かぶ島々。 イスタンブールの特別な青。 いつも描きに行く、荒川や隅田川沿いの平穏な時間。 「橋の上には、いい時間があるんです」と語る水野先生 初日のオープニングパーティ... » 続きを読む