■ 平松礼二 三年カレンダー原画展 花づくし 2019年12月9日(月) - 12月23日(月)  / 銀座本店

平松礼二 「青い恋人」 日本画0号平松礼二 「わが庭の星座」 日本画SM平松礼二 「愛しき花よ」 日本画SM

*掲載写真は作品の一部です。各画像をクリックすると拡大します。

平松礼二 三年カレンダー原画展 花づくし

2019年12月9日(月) - 12月23日(月)  午前11時-午後7時 火祝休廊 / 銀座本店

 

 

日本画家平松礼二が書店に立ち寄った際、「あったらいいな」とふと着想したという3ヶ年カレンダーの企画が実現。

36か月を彩る珠玉の小品絵画群の原画をギャラリー桜の木銀座で展覧させていただきます。

軽井沢のアトリエ、鎌倉の自宅で、妻・裕子さんが育てた花と、ジヴェルニーのモネの庭を映しとった夫婦愛あふれる36点の作品に出会える小品展は希少な機会です。

 

皆様のお越しを、心よりお待ち申し上げております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*****

2020年から2022年まで、3か年の日々のスケジュールや、展覧会などの帯状の予定が書き込めて、

過去の計画も見渡せる、新しいかたちのカレンダーです。

ご自宅でオフィスで、お役立てください。

価格 ¥2.500+税

版型 A5サイズ 38頁

 

*ご購入お問い合わせは、ギャラリー桜の木へ

電話:03-3573-3313

mail : info@sakuranoki.co.jp

 

平松 礼二

平松 礼二

Hiramatsu Reiji

横山操に憧れて画家を志し、氏が所属する青龍社に出品、入選を重ねる。青龍社解散後は創画会を経て無所属で作品を発表。
ライフワークとなる「路」シリーズがスタートした30代後半「横の会」結成に参加。40代には日本画家の登竜門である山種美術館賞展大賞受賞など著名な美術賞を総なめにする。1999年に発表した「印象派・ジャポニズムへの旅」は国内外で大変な話題を集め、2000年より11年間「文藝春秋」の表紙画を担当した。
"江戸・ニッポンの美への驚愕"が起爆剤となった印象派から100年の時を越えて、平成の日本画家が、印象派の画家たちの視線を探り、そこから見える日本を描く。―その挑戦は、印象派の研究者たち... » 続きを読む