■ 阪本トクロウ展 retina sensitivity 2022年7月3日(日) - 7月25日(月)  / 軽井沢店

阪本トクロウ 「花火」72.7×91 2022年阪本トクロウ 「lines」72.7×72.7 2021年阪本トクロウ 「呼吸」100×100 2021年

*掲載写真は作品の一部です。各画像をクリックすると拡大します。

阪本トクロウ展 retina sensitivity

2022年7月3日(日) - 7月25日(月)  10:00-18:00 火・水・木曜休廊 / 軽井沢店

 

日常のなにげない風景から、“視点”そのものを純粋に抜き出し、いまを描く阪本トクロウ。

世界を見る「眼」であれば良いと語る作家の、「眼」を確立した初期の傑作から最新作まで30余点を、

大作中心に展覧いたします。

 

※retina sensitivity – 網膜がとらえるもの

 

阪本 トクロウ

阪本 トクロウ

Tokuro Sakamoto

漠然と広がる日常生活。その中で見つけた視点を描くことを意識しています。
作品を観る人が感じるであろう既視感。
結果として作品は共鳴するコミュニケーションの場として機能することにもなるでしょう。
世界を見る「眼」であれば良いと思いながら制作しています。
                                         阪本トクロウ
阪本トクロウ アトリエからこんにちは vol.1 2020年8月

阪本トクロウ アトリエからこんにちは vol.2 2021年7月

阪本トクロウ under50展 インタビュー 2022年3月 » 続きを読む