■ フランス芸術文化勲章受章記念 平松礼二展 -響- 音楽は人生を豊かにする 2021年12月5日(日) - 12月26日(日)  / 銀座本店

平松礼二「はるかぜ・彩かぜ」日本画4号平松礼二「池に映える金色の雲」日本画SM平松礼二「黄色の皿とさくらんぼ」日本画SM

*掲載写真は作品の一部です。各画像をクリックすると拡大します。

フランス芸術文化勲章受章記念 平松礼二展 -響- 音楽は人生を豊かにする

2021年12月5日(日) - 12月26日(日)  11:00-19:00 火・祝休廊 / 銀座本店

今年3月にフランス芸術文化勲章シュヴァリエを受章された
平松礼二先生の新作個展をギャラリー桜の木 銀座にて開催致します。

平松礼二先生の人生を支えてきた音楽へのオマージュをテーマに描いた最新作、
珠玉の53点を一堂に展覧いたします。

皆様のご来廊を心よりお待ち申し上げております。

 

◼️作家来場:12月11日(土)  14:00~16:00

2021年3月24日に在日フランス大使公邸にて執り行われました、叙勲式の様子です。

 

 

平松 礼二

平松 礼二

Hiramatsu Reiji

横山操に憧れて画家を志し、氏が所属する青龍社に出品、入選を重ねる。青龍社解散後は創画会を経て無所属で作品を発表。
ライフワークとなる「路」シリーズがスタートした30代後半「横の会」結成に参加。40代には日本画家の登竜門である山種美術館賞展大賞受賞など著名な美術賞を総なめにする。1999年に発表した「印象派・ジャポニズムへの旅」は国内外で大変な話題を集め、2000年より11年間「文藝春秋」の表紙画を担当した。
"江戸・ニッポンの美への驚愕"が起爆剤となった印象派から100年の時を越えて、平成の日本画家が、印象派の画家たちの視線を探り、そこから見える日本を描く。―その挑戦は、印象派の研究者たち... » 続きを読む