■ 篠田桃紅版画展 2021年3月3日(水) - 3月29日(月)  / 銀座本店

篠田桃紅「PHASE」リトグラフ+手彩 38×27.7cm篠田桃紅「TRANSIENT うつろい」リトグラフ+手彩  53×71.7cm篠田桃紅「花ぞ昔」リトグラフ _38.3×28cm

*掲載写真は作品の一部です。各画像をクリックすると拡大します。

篠田桃紅版画展

2021年3月3日(水) - 3月29日(月)  11:00-19:00 火・祝休廊 / 銀座本店

本年108歳、

世界が認める日本人女性芸術家、篠田桃紅。

アトリエから届いた版画作品20点余を特集展示致します。

篠田 桃紅

篠田 桃紅

Shinoda Toko

私の言葉なんて、無意味です。
百万の言葉より、一本の線が私の伝えたかったことです。
篠田桃紅


※「人生は一本の線」幻冬舎より抜粋

 

墨の美しさに5歳ではじめて触れてから、 30代で、既成の書のかたちにとらわれない墨による抽象画を確立。万国博覧会の日本パビリオンへの出品等で日本代表として活躍、1956年単身渡米、舞台は世界へ。 以降アメリカ・ヨーロッパで数多くの個展を開催、瞬く間に高い評価を受け、現在まで日本国内のみならず世界でも第一線をあるいてきた。

 

篠田桃紅 インタビュー 2012年2月 » 続きを読む