■ 墨の仕事 展 2012年7月28日(土) - 9月1日(土)  / 銀座本店

田中みぎわ「青時雨」 10号 墨、胡粉/雲肌麻紙菅原健彦「神代桜」 73×73 墨、岩絵具、胡粉/麻紙水野竜生「歓喜の歌 人時代」 扇子 墨

*掲載写真は作品の一部です。各画像をクリックすると拡大します。

墨の仕事 展

2012年7月28日(土) - 9月1日(土)  午前11時―午後7時 日祝休廊  / 銀座本店

篠田 桃紅

篠田 桃紅

Toko Shinoda

1913年旧満州 ( 現中国東北部 ) 生まれ
本籍・岐阜、現在 東京都港区 在住

墨の美しさに7歳ではじめて触れてから、 30代で、既成の書のかたちにとらわれない墨による抽象画を確立。万国博覧会の日本パビリオンへの出品等で日本代表として活躍、戦後すぐに単身渡米、舞台は世界へ。 1956年以降アメリカ・ヨーロッパで数多くの個展を開催、瞬く間に高い評価を受け、現在まで日本国内のみならず世界でも第一線をあるいてきた。 » 続きを読む
菅原 健彦

菅原 健彦

Takehiko Sugawara

絵を描きはじめて20年以上が経ち、ようやく楽しく描けるようになってきました。
思えば描けば描くほど辛いことが多く、それによって描き長らえてきたのかもしれません。
しんどいことが少しづつ溶けていった分、何かを足さないといけないと思います。
   

                                                菅原健彦 » 続きを読む
水野 竜生

水野 竜生

Ryusei Mizuno

見晴らしの良いところにイーゼルを立てキャンバスに向かう。
パレットには赤青黄色、白や黒の絵具が山盛りになっている。
太陽の光、風の匂い、山の凹凸、海の平ら、橋の曲線。
全身で受け取ったものを、素早く色彩のタッチで置いていく。
それは心の中から確かなものを掘り出す喜びにも似ている。

水野 竜生

■画集

THE RYUSEI BOOK 10
「WONDER & WANDER」
» 続きを読む
菅原 さちよ

菅原 さちよ

Sachiyo Sugawara

季節の兆しに耳を澄ます
太古の
そしてとこしえの花の声に思い馳せ、
筆をとる。
祈りのように

             菅原さちよ » 続きを読む
田中 みぎわ

田中 みぎわ

Migiwa Tanaka

祈っていると、幽かに地平線がみえてくる。
そしてあたりをみてみれば、
しんとした場所に来る。
ひとりだけだ。しんとした水ぎわ。
それは誰もがなつかしい故郷の風景だ。

田中みぎわ » 続きを読む