2018.8.10 fri

軽井沢「特集展示〝Dream Box” homage to Kyohei Fujita」 8/13より開催です!

今年、軽井沢店は 満15歳となりました。

この土地は、事業用借地権で15年、として契約させて頂いたものですから、

本年以降も、「続けさせていただける喜び」でいっぱいでございます。

今後も引き続き、みなさま、どうぞよろしくおねがいいたします。

 

2003年の出店したばかりの頃の

アルバムをめくっていましたら、

どれだけ、多くの方々にあのとき励ましていただいたか、

波のように、次から次へと思い出されました。

 

ひとつひとつ、その感謝を、

”かたち”にしてゆこう

と思いました。

軽井沢店にお気に入りのシャツで
いらしてくださった、藤田喬平先生

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時の軽井沢店の入口の前で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガラスの分野で初の文化勲章を受章されたニュースがかけめぐった2002年、

タイミングよく銀座での個展をお願いをしていたギャラリー桜の木では、

光栄にも受章後初の個展を開催させていただきました。

 

受章時の裏話から、 戦後リヤカーで銀座を回ったときのお話まで、               人間味あふれるお話しに感動し、魅了されました。

 

壹番館の渡邉社長(現会長)の「あのとき」トークに爆笑の藤田先生、
岩関和子会長が、わ、わかい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、黒澤も、わ、わかい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

藤田喬平先生のそのときのお話のなかで、

忘れられないお話が、

文化勲章受章の理由となった、

飾筥シリーズが、海外で

「Dream Box」と呼ばれるようになったきっかけのエピソードです。

 

藤田先生の作品は、本当に、

海外で広く愛され、

そして尊敬されていました。

 

きっと、あの口調で、

1975年のデンマークでの講演会の折

質問者にむけて、おっしゃったのではないでしょうか。

 

「これは何を入れるものですかって・・・?

・・・そりゃあ、夢だよ。」

 

その後、海外の研究者たちは、

飾筥シリーズをDream Boxとよびはじめ、書籍もそのタイトルで刊行されています。

 

 

 

軽井沢は、芸術家の愛する街でもあります。

 

藤田喬平先生の、夢を入れるハコ、というイデアを

ひとつのきっかけとして、

現代輝く工芸家のみなさまに、

とてもとても特別なハコを創作いただきました。

 

この主題と、この展示に・・・

 

先生方が、作品に込めて制作下さった、

重力の磁場のようなものが産まれております

 

是非、ご覧いただきたい展覧会です。

 

夏の軽井沢で、お待ちいたしております。

 

更新:2018年8月10日 (金) カテゴリー:おしらせ 店舗:軽井沢店 作家:藤田 喬平