■ ギャラリー桜の木コレクション 2019年6月10日(月) - 6月28日(金)  / 銀座本店

渡邉恭成 「Moon light」 25.5x12.5xh15.8㎝田中みぎわ 「故郷を目指す旅人たち」59.5×84.2㎝木村圭吾 「白糸の滝」 日本画3号

*掲載写真は作品の一部です。各画像をクリックすると拡大します。

ギャラリー桜の木コレクション

2019年6月10日(月) - 6月28日(金)  11:00-19:00 火・祝休廊 / 銀座本店

ギャラリー桜の木銀座店では、桜の木コレクション展を開催。

皆様のご来廊を心よりお待ち申し上げております。

篠田 桃紅

篠田 桃紅

Toko Shinoda

墨の美しさに5歳ではじめて触れてから、 30代で、既成の書のかたちにとらわれない墨による抽象画を確立。万国博覧会の日本パビリオンへの出品等で日本代表として活躍、1956年単身渡米、舞台は世界へ。 以降アメリカ・ヨーロッパで数多くの個展を開催、瞬く間に高い評価を受け、現在まで日本国内のみならず世界でも第一線をあるいてきた。 » 続きを読む
木村 圭吾

木村 圭吾

Keigo Kimura

再生するエネルギーをはらんだ光は、宇宙からのご褒美だと思う。

その恩恵を受けて、芸術家は新しい光を発していかなければならない。

なげかけられる光となげかける光の交感を筆にのせていきたい。

 
木村圭吾 » 続きを読む
渡邊 恭成

渡邊 恭成

Yasumasa Watanabe

ここ何年間のテーマは、宇宙空間と原始(創世記)。大きく包み込むようなスケールを目指した。
テーマは変わらないが最近はその作品の任意の大きさはそれにゆだね、
鑑賞者との距離に生ずる呼応するような感覚、要するに「出会い」を作品に託している。
僕自身が、自分の作品に出会えたように。

                                          渡邊 恭成 » 続きを読む
田中 みぎわ

田中 みぎわ

Migiwa Tanaka

祈っていると、幽かに地平線がみえてくる。
そしてあたりをみてみれば、
しんとした場所に来る。
ひとりだけだ。しんとした水ぎわ。
それは誰もがなつかしい故郷の風景だ。

田中みぎわ » 続きを読む