■ ニューイヤーサロン 2019年1月7日(月) - 1月31日(木)  / 銀座本店

林美木子 月次扇 1月 蓬莱図 W51.5×H36.5㎝篠田桃紅 「Deep Sound」52.5×71㎝ リトグラフ中村卓夫 「富久筥夏秋草図」11.4×11.4×4cm

*掲載写真は作品の一部です。各画像をクリックすると拡大します。

ニューイヤーサロン

2019年1月7日(月) - 1月31日(木)  午前11時-午後7時 火祝休廊 / 銀座本店

寿ぎの絵画と、新春いちばんの新着作品を展覧いたします。

画廊開きの七日は、無病息災の祈りをこめ、
恒例の七草粥を炊いてお待ちもうしあげております。

篠田 桃紅

篠田 桃紅

Toko Shinoda

墨の美しさに7歳ではじめて触れてから、 30代で、既成の書のかたちにとらわれない墨による抽象画を確立。万国博覧会の日本パビリオンへの出品等で日本代表として活躍、戦後すぐに単身渡米、舞台は世界へ。 1956年以降アメリカ・ヨーロッパで数多くの個展を開催、瞬く間に高い評価を受け、現在まで日本国内のみならず世界でも第一線をあるいてきた。 » 続きを読む
平松 礼二

平松 礼二

Reiji Hiramatsu

横山操に憧れて画家を志し、氏が所属する青龍会に出品、入選を重ねる。青龍会解散後は創画会を経て無所属で作品を発表。
ライフワークとなる「路」シリーズがスタートした30代後半「横の会」結成に参加。40代には日本画家の登竜門である山種美術館賞展大賞受賞など著名な美術賞を総なめにする。1999年に発表した「印象派・ジャポニズムへの旅」は国内外で大変な話題を集め、2000年より11年間「文芸春秋」の表紙画を担当した。
"江戸・ニッポンの美への驚愕"が起爆剤となった印象派から100年の時を越えて、平成の日本画家が、印象派の画家たちの視線を探り、そこから見える日本を描く。―その挑戦は、印象派の研究者たち... » 続きを読む
十七代 永樂 善五郎

十七代 永樂 善五郎

Zengoro Eiraku XVII

中村 卓夫

中村 卓夫

Takuo Nakamura

千住 博

千住 博

Hiroshi Senju

岡 晋吾

岡 晋吾

shingo oka

“今のやり方で出来ないなら、むかしに戻せばいい。”
古いものにあって、現代のものにない“味”の部分を、今に創りだせる創り手。
独自の白磁=白沙瓷(しろさじ)、染付、安南、色絵、銀彩といった、
古典を踏まえた表現方法を用いて作陶した器は、料理人からの絶大なる信頼がある。 » 続きを読む
菅原 健彦

菅原 健彦

Takehiko Sugawara

絵を描きはじめて20年以上が経ち、ようやく楽しく描けるようになってきました。
思えば描けば描くほど辛いことが多く、それによって描き長らえてきたのかもしれません。
しんどいことが少しづつ溶けていった分、何かを足さないといけないと思います。
菅原健彦 » 続きを読む
林 美木子

林 美木子

Mikiko Hayashi

和歌や仮名文字と同じくして都に生まれた大和絵は、
様々な形で宮中や貴族の暮らしを彩ってきました。
その典雅な世界を現代にも息づかせることが出来たらと思い
ひとつひとつ心をこめて制作しています。
千年の時をこえて、王朝の雅を身近に感じていただければ幸いです。

林 美木子 » 続きを読む
坂井 直樹

坂井 直樹

Naoki Sakai

鍛金作家 » 続きを読む
松川 和弘

松川 和弘

Kazuhiro Matsukawa

橘 京身

橘 京身

Kyomi Tachibana

古の智慧の懐のもとに「表現する文字は常に今の自分の映身でありたい。」という想いで、
対象を自分なりに解釈し、新たな文字表現を求め制作を続けています。
私の制作における根底は書です。
伝達が文字の意義だとすれば、これも一つの伝達の形だという世界を、
書における‘線質、墨色、余白’のもとに生み出していきたいと想っています。
                                 橘京身 » 続きを読む
松田 苑子

松田 苑子

Sonoko Matsuda

ガラス作家

“特別なひと時を共に過ごすことのできるものを”
を自身の制作コンセプトとし、ガラスの箱をメインに
発表活動を行っています。

松田 苑子 » 続きを読む