■ 33SALON 2018年3月3日(土) - 3月5日(月)  / 銀座本店

ジャン・マリー・ザッキ 「日本橋のブーケ」 油彩20号篠田桃紅 「K 無題」 墨.朱.銀泥/プラチナ箔 90×70cm平松礼二 「モネの庭 春秋図」 日本画6号

*掲載写真は作品の一部です。各画像をクリックすると拡大します。

33SALON

さんさんさろん

2018年3月3日(土) - 3月5日(月)  午前11時~午後7時 【火・祝休廊】 / 銀座本店

おかげさまでギャラリー桜の木はこの3月創業33周年を迎えます。

みなさまへの日頃の感謝を込めまして、画廊でゆったりと絵画をおたのしみいただきたく
"さんさん・さろん"を開催いたします。

この日のため先生方に特別なお作品をいただきました。

みなさまとの語らいは、私どもにとりまして原動力、次なる展開のみなもとです。

ご多用中とは存じますが、ぜひご来臨を賜りたく、ここに謹んでご案内申しあげます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


"燦々と輝く"を主題に

 

篠田桃紅
この3月、満105歳となられます。アトリエより、とても特別な作品を戴きました。

千住博
昭和33年のお生まれの先生。‘燦々と輝く’描きおろし作品をご出品いただきました。

平松礼二
大規模な日仏の文化交流事業『ジャポニズム2018』
フランス側企画の目玉は『Hiramatsu a Giverny (平松、ジベルニーへ』展です。

P・ボンコンパン
生命の輝き、生きる喜び。
100号大の作品をご覧いただきます。

J・M・ザッキ
描きおろしの作品がパリから届きます。

篠田 桃紅

篠田 桃紅

Toko Shinoda

1913年旧満州 ( 現中国東北部 ) 生まれ
本籍・岐阜、現在 東京都港区 在住

墨の美しさに7歳ではじめて触れてから、 30代で、既成の書のかたちにとらわれない墨による抽象画を確立。万国博覧会の日本パビリオンへの出品等で日本代表として活躍、戦後すぐに単身渡米、舞台は世界へ。 1956年以降アメリカ・ヨーロッパで数多くの個展を開催、瞬く間に高い評価を受け、現在まで日本国内のみならず世界でも第一線をあるいてきた。 » 続きを読む
ボンコンパン

ボンコンパン

Pierre Boncompain

1938年フランス・ヴァランス生まれ

20代前半から国内外で活躍、文学、演劇とのコラボレーション多数
1970年ル・クリティック(批評家賞)大賞を32歳で受賞
1977年仏・文化使節としてインドに訪問

1990年フランス・シュノンソー城で6ヶ月に渡る個展開催

仏・各都市、北米、南米、ヨーロッパ、日本と活躍の場は広く、南仏ヴァランス美術館、オランダ・シンガー美術館等で個展開催

2002年上海美術館にて画業40周年回顧展開催 » 続きを読む
平松 礼二

平松 礼二

Reiji Hiramatsu

1941年生まれ。無所属
東京セントラル美術館日本画大賞展優秀賞、創画賞、山種美術館賞展大賞

横山操に憧れて画家を志し、氏が所属する青龍会に出品、入選を重ねる。青龍会解散後は創画会を経て無所属で作品を発表。
ライフワークとなる「路」シリーズがスタートした30代後半「横の会」結成に参加。40代には日本画家の登竜門である山種美術館賞展大賞受賞など著名な美術賞を総なめにする。1999年に発表した「印象派・ジャポニズムへの旅」は国内外で大変な話題を集め、2000年より11年間「文芸春秋」の表紙画を担当した。
"江戸・ニッポンの美への驚愕"が起爆剤となった印象派から100年の時を越えて、平成... » 続きを読む
ザッキ

ザッキ

Jean Marie Zacchi

1944年4月9日 フランス・コルシカ島生まれ

レジョンドヌール勲章、国家功労勲章受章
ル・サロン名誉会長、仏海軍省公認画家会長

“簡略化した具象表現によって本質をとらえる、自由を創造する絵画”を追求
透明感のある鮮やかな色彩を、ペインティングナイフで大胆に重ね、爽快感と喜びに満ち溢れた世界を築き上げる

早くから画壇での中心的役割を担っており、垣根を超えたアートの交流・発掘・指導に意欲を注ぐ » 続きを読む
千住 博

千住 博

Hiroshi Senju