■ 平松礼二展 交差する光 フランス ノルマンディ と ジャポン 江戸・東京 2017年8月14日(月) - 9月4日(月)  / 軽井沢店

平松礼二「ノルマンディー モンサンミッシェル」日本画 6号スクエア平松礼二「モネの池・夢花」日本画 6号平松礼二「モネ・花の庭」日本画4号

*掲載写真は作品の一部です。各画像をクリックすると拡大します。

平松礼二展 交差する光 フランス ノルマンディ と ジャポン 江戸・東京

2017年8月14日(月) - 9月4日(月)  午前10時~午後6時 会期中無休 / 軽井沢店

日本画家としての視点を通して描く、モネへのオマージュ。

印象派が獲得した光を、深い輝きの絹本金地を背景に描く。

2017年4月、ギャラリー桜の木 銀座本店にて開催された「交差する光」が

いよいよ軽井沢へ巡回。

平松礼二の金地構成のみによる新たな空間の美をどうぞご高覧下さい。

平松 礼二

平松 礼二

Reiji Hiramatsu

1941年生まれ。無所属
東京セントラル美術館日本画大賞展優秀賞、創画賞、山種美術館賞展大賞

横山操に憧れて画家を志し、氏が所属する青龍会に出品、入選を重ねる。青龍会解散後は創画会を経て無所属で作品を発表。
ライフワークとなる「路」シリーズがスタートした30代後半「横の会」結成に参加。40代には日本画家の登竜門である山種美術館賞展大賞受賞など著名な美術賞を総なめにする。1999年に発表した「印象派・ジャポニズムへの旅」は国内外で大変な話題を集め、2000年より11年間「文芸春秋」の表紙画を担当した。
"江戸・ニッポンの美への驚愕"が起爆剤となった印象派から100年の時を越えて、平成... » 続きを読む