■ Under 50 2016年6月10日(金) - 6月30日(木)  / 銀座本店

野依幸治 「ぼくはぼくたち」 油彩・砂/キャンバス 10号佐々木理恵子  「青紅葉」 岩絵具  水干絵具  箔  和紙 円形10号田中みぎわ  「天の原」 墨  胡粉  雲肌麻紙 53×33.3cm

*掲載写真は作品の一部です。各画像をクリックすると拡大します。

Under 50

2016年6月10日(金) - 6月30日(木)  午前11時-午後7時 火曜祝日休廊 / 銀座本店

伝統を踏まえ、今様の美を掬い上げ、新時代を創る9名、いま注目の50歳以下の美術家たちをご紹介いたします。

美を追求するスピリッツに満ち溢れた、見逃せない作品が集います。

感性に響く、新たな作品と出合いにどうぞお出かけ下さいませ。

 

◇出品作家

岩田壮平 大和田いずみ 小倉亜矢子 小林海来 阪本トクロウ

佐々木理恵子 橘 京身 田中みぎわ    野依幸治   (50音順)

◎作家来廊日

6月10日(金)14:00~ 小倉亜矢子 阪本トクロウ 小林海来
6月11日(土)14:00~ 田中みぎわ 佐々木理恵子 橘京身
6月12日(日)14:00~ 大和田いずみ 野依幸治

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「Flowers」油彩40号

 

大和田いずみ

「Flowers」 油彩  キャンバス   40号

 

空と花。すべての花は青い空の下に咲く。

その色彩の相性は裏切ることなく素敵なバイブレーションを醸し出し、

私にアイディアを注いでくれます。       ―大和田いずみ

 

 

 

小倉亜矢子 「あけぼの覚えて」 日本画50号

 

小倉亜矢子

「あけぼの覚えて」 岩絵具  銀箔  雲肌麻紙 50号

 

昔はものを思わざりけり─

 

子供のころは当たり前のように受け止めていた身の回りの事象がいかに不思議に満ちているか、

年を追うごとにその不思議さが心に強く迫ってくる。

 

朝顔もそんな花の一つだ。

 

ここ数年惹かれてその姿を追いかけ続けている。

朝のほんのひととき、絡まりあい色とりどりに一瞬のきらめきを見せる朝顔の姿を

この世に生きるひとびとの姿になぞらえる。

 

その人生もまた美に満ちたものになるように祈りを込めて…        ―小倉亜矢子

 

 

 

小林海来「diatoma cup」43.5×50cm

 

小林海来

「diatoma cup」 インク  墨  コラージュ  アルシュ紙 43.5×50cm

 

自分でも気付かないでやっている事なんですけど良く墨や水を使う時、踊りを意識してしまいます。

その結果よく構図的には螺旋構図になります。踊って螺旋、舞にも踊りにも共通する事なのでしょうか、

必ず何ステップか踏みまた元の位置に戻ります。

絵画も見ている方が作家が踊っている様を連想するのでしょうか、
私は実は良く誰も見ない絵の前で体を揺すります。

それをすると自分の周りの空間を”素直”な空間にしてしまう妄想にかられるのです。

 

絵画に自分の全てをぶつけるのですから奥底に眠る無限の可能性を持った子供を呼び起こすのです。

 

基本は遊びです。

 

面白いか面白くないかだけで良く自分の絵の善し悪しをはからせて頂いております。     ―小林海来

 

 

 

阪本 トクロウ 『 パララックス 』 12号  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

阪本トクロウ

「パララックス」 アクリル 高知麻紙   12号

 

 

アランの「幸福論」に下記の文があります。

 

“憂鬱な人に言いたいことはただ一つ。

「遠くをごらんなさい」

憂鬱な人はほとんどみんな、読みすぎなのだ。

人間の眼はこんな近距離を長く見られるようには出来ていないのだ。

(中略)

夜空や水平線をながめている時、眼はまったくくつろぎを得ている。

眼がくつろぎを得る時、思考は自由となり、歩調はいちだんと落ち着いてくる。

全身の緊張がほぐれて、腹の底まで柔らかくなる。

自分のちからで柔らかくしようとしてもだめなのだ。”

(「幸福論」アラン著・神谷幹夫訳・岩波書店 P.172から)

 

遠くを見るときのような視線に誘導したいと思いながら、

画面を作っています。                                         ―阪本トクロウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

佐々木理恵子

「青紅葉」 岩絵具  水干絵具  箔  和紙 円形10号

 

 

輝く若葉を見て新しい気持ちになり、

涼やかな青葉を見て静謐な時間を堪能する。

 

様々な表情を持つ緑の姿を捉えたいと思っています。   ―佐々木理恵子

 

 

 

橘京身「發身」_80.5x69.5㎝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

橘京身

「發身」 朱墨  和画仙 80.5×69.5cm

 

あばき、はなち、すすむー。

 

ものごとを始めるときに沸き上がる想い、集中、それを受け、

始まりの時に鳴り響く音とともに、心ではなく、身体そのものが弾ける様を表現した作品です。

 

“ことのはじまり”を、辺り一面に響き渡らせた今その一瞬に、

 

己の内と外、

境の消えた空間の中で、

 

昂揚感に包まれる“發身”を感じて頂けたらという想いで制作しました。    ―橘 京身

 

 

 

 

田中 みぎわ

 

 

 

 

 

 

 

田中みぎわ

「天の原」 墨  胡粉  雲肌麻紙 53×33.3cm

 

 

天を胸に抱く大地

どこまでも永遠に続いていく地平線

 

大空の濃い大気の下 野原をひとり彷徨う

 

まるで大きな神さまの手のひらに かざされているような

その手はやさしく懐に抱えてくれるようで 別れがたい

 

天は象徴 地は懐

 

この空をいつも胸に抱きしめていたい         ―田中みぎわ

 

 

 

野依幸治「ぼくはぼくたち」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野依幸治

「ぼくはぼくたち」 油彩  砂  キャンバス 10号

 

吹き出しには "ME" という言葉が書かれています。

この言葉がひっくり返ると、どうなるのか想像してみて下さい。

 

 

つまずいた時ほど、人は一人では無いのです。

 

 

そんな時こそ、あなたの周りにはきっと良き仲間が集まってくれる事でしょう。

 

この言葉はそんな素敵なカタチをしているのです。      ―野依幸治

大和田 いずみ

大和田 いずみ

Izumi Ohwada

花の香り、風の音、波の音。
こんな感じがキャンバスから伝わったら嬉しいです。
新しいモチーフ、新しい風景との出会いに感謝して
「好きだ!」と心から感じたものを描いています。

大和田 いずみ » 続きを読む
小倉 亜矢子

小倉 亜矢子

Ayako Ogura

今、この世に生きて、見て、
感じていること自体のなんと奇跡的なことか。
出来うる限り美しく、生きていこう。
絵画に顕れる私の感得したすべて、
過ごした時のすべてが耀くように。

小倉亜矢子 » 続きを読む
田中 みぎわ

田中 みぎわ

Migiwa Tanaka

祈っていると、幽かに地平線がみえてくる。
そしてあたりをみてみれば、
しんとした場所に来る。
ひとりだけだ。しんとした水ぎわ。
それは誰もがなつかしい故郷の風景だ。

田中みぎわ » 続きを読む
阪本 トクロウ

阪本 トクロウ

Tokuro Sakamoto

漠然と広がる日常生活。その中で見つけた視点を描くことを意識しています。
作品を観る人が感じるであろう既視感。
結果として作品は共鳴するコミュニケーションの場として機能することにもなるでしょう。
世界を見る「眼」であれば良いと思いながら制作しています。
                                         阪本トクロウ » 続きを読む
佐々木 理恵子

佐々木 理恵子

Rieko Sasaki

年輪を重ねた木の歴史
心奪われる花の生命力
たくさんの美しいものたち
世界中に溢れる心ときめくものから、
たった一つの特別な宝物を作りたい。
そんな気持ちで描いています。

佐々木理恵子 » 続きを読む
小林 海来

小林 海来

Mirai Kobayashi

僕にとって絵画とは、果ては“存在”というものを追求するためにあるもので、
感覚を通じた哲学的なところがあります。
自分の、スペインで育った二世の文化的なパラドックスを生かして、
西洋と東洋、存在、科学、水の物質的感覚をテーマに
これからも表現していきたいと思います。

小林 海来 » 続きを読む
岩田 壮平

岩田 壮平

Sohey Iwata

今の私のこの頭の先、手指の先、足指の先まですべてを使い、
全霊を傾けて、天然の情緒を生け捕りましょう。
他を構わず素直な表現を筆より先からトロリと生み出してゆければ。
未来は未来、過去とはまったく違うでしょう私の感ずる天然の妙なる姿を、
やっぱり、在るが儘に表現できれば、言うことナシです。

岩田 壮平 » 続きを読む
野依 幸治

野依 幸治

Koji Noyori

「日常を結ぶこと」
実像と虚像を用いて、日常という現実と絵画という非日常を結ぼうとしている。
その狭間にいる自分を見失わないようにしっかりと固結びしておこう、と私は思う。

野依幸治 » 続きを読む
橘 京身

橘 京身

Kyomi Tachibana

古の智慧の懐のもとに「表現する文字は常に今の自分の映身でありたい。」という想いで、
対象を自分なりに解釈し、新たな文字表現を求め制作を続けています。
私の制作における根底は書です。
伝達が文字の意義だとすれば、これも一つの伝達の形だという世界を、
書における‘線質、墨色、余白’のもとに生み出していきたいと想っています。
                                 橘京身 » 続きを読む