■ さくらさくら展 2016年2月17日(水) - 2月29日(月)  / 銀座本店

佐々木理恵子 「初桜」 日本画 27.5×60cm平松礼二 「ジャポニズムさくら章」 日本画 20号篠田桃紅 「無題」 金箔・銀泥・墨・朱墨 30×25cm

*掲載写真は作品の一部です。各画像をクリックすると拡大します。

さくらさくら展

2016年2月17日(水) - 2月29日(月)   / 銀座本店

ギャラリー桜の木”だからこそ集まったさくらの作品たち。
銀座にて、満開のさくらのもと、ひと足早いお花見を是非お愉しみ下さいませ。
 
出品作家:井上公三、大和田いずみ、木村圭吾、佐々木理恵子、篠田桃紅、菅原さちよ、菅原健彦、千住博、平松礼二、中西和、藤田喬平、水野竜生ほか
 
篠田 桃紅

篠田 桃紅

Toko Shinoda

墨の美しさに7歳ではじめて触れてから、 30代で、既成の書のかたちにとらわれない墨による抽象画を確立。万国博覧会の日本パビリオンへの出品等で日本代表として活躍、戦後すぐに単身渡米、舞台は世界へ。 1956年以降アメリカ・ヨーロッパで数多くの個展を開催、瞬く間に高い評価を受け、現在まで日本国内のみならず世界でも第一線をあるいてきた。 » 続きを読む
藤田 喬平

藤田 喬平

Kyohei Fujita

井上 公三

井上 公三

Kozo Inoue

1937年大阪府生まれ

オーパベ大賞(パリ)
毎日現代美術展コンクール賞(東京)
国際ビエンナーレ審査員賞(カンヌシュールメール)

シルクスクリーンの新しい版画技法の開発により、絵画の新しい地平を開拓。
無限の空間の中に浮かび上がる明快なフォルム、その奥行きのある色彩の濃淡は、観る者の心 に安らぎと静寂をもたらす。
「KOZO」として’60年代よりパリに拠点を置き、世界各国にて個展を行うとともに、壁画 を始め、多くの足跡を残している。世界で最もコレクターの多い日本人画家と言える。
平松 礼二

平松 礼二

Reiji Hiramatsu

横山操に憧れて画家を志し、氏が所属する青龍会に出品、入選を重ねる。青龍会解散後は創画会を経て無所属で作品を発表。
ライフワークとなる「路」シリーズがスタートした30代後半「横の会」結成に参加。40代には日本画家の登竜門である山種美術館賞展大賞受賞など著名な美術賞を総なめにする。1999年に発表した「印象派・ジャポニズムへの旅」は国内外で大変な話題を集め、2000年より11年間「文芸春秋」の表紙画を担当した。
"江戸・ニッポンの美への驚愕"が起爆剤となった印象派から100年の時を越えて、平成の日本画家が、印象派の画家たちの視線を探り、そこから見える日本を描く。―その挑戦は、印象派の研究者たち... » 続きを読む
木村 圭吾

木村 圭吾

Keigo Kimura

再生するエネルギーをはらんだ光は、宇宙からのご褒美だと思う。

その恩恵を受けて、芸術家は新しい光を発していかなければならない。

なげかけられる光となげかける光の交感を筆にのせていきたい。

 
木村圭吾 » 続きを読む
中西 和

中西 和

Mutsumi Nakanishi



■画集
「然」
「素」
» 続きを読む
千住 博

千住 博

Hiroshi Senju

菅原 健彦

菅原 健彦

Takehiko Sugawara

絵を描きはじめて20年以上が経ち、ようやく楽しく描けるようになってきました。
思えば描けば描くほど辛いことが多く、それによって描き長らえてきたのかもしれません。
しんどいことが少しづつ溶けていった分、何かを足さないといけないと思います。
菅原健彦 » 続きを読む
水野 竜生

水野 竜生

Ryusei Mizuno

見晴らしの良いところにイーゼルを立てキャンバスに向かう。
パレットには赤青黄色、白や黒の絵具が山盛りになっている。
太陽の光、風の匂い、山の凹凸、海の平ら、橋の曲線。
全身で受け取ったものを、素早く色彩のタッチで置いていく。
それは心の中から確かなものを掘り出す喜びにも似ている。

水野 竜生

■画集

THE RYUSEI BOOK 10
「WONDER & WANDER」
» 続きを読む
菅原 さちよ

菅原 さちよ

Sachiyo Sugawara

季節の兆しに耳を澄ます
太古の
そしてとこしえの花の声に思い馳せ、
筆をとる。
祈りのように

菅原さちよ » 続きを読む
大和田 いずみ

大和田 いずみ

Izumi Ohwada

花の香り、風の音、波の音。
こんな感じがキャンバスから伝わったら嬉しいです。
新しいモチーフ、新しい風景との出会いに感謝して
「好きだ!」と心から感じたものを描いています。

大和田 いずみ » 続きを読む
佐々木 理恵子

佐々木 理恵子

Rieko Sasaki

年輪を重ねた木の歴史
心奪われる花の生命力
たくさんの美しいものたち
世界中に溢れる心ときめくものから、
たった一つの特別な宝物を作りたい。
そんな気持ちで描いています。

佐々木理恵子 » 続きを読む