■ もてなしのかたち 村瀬治兵衛×嘉門工藝 展 2013年2月16日(土) - 3月3日(日)  / 銀座本店

村瀬治兵衛 根来塗 鎬茶器村瀬治兵衛 根来薬器と盆村瀬治兵衛

*掲載写真は作品の一部です。各画像をクリックすると拡大します。

もてなしのかたち 村瀬治兵衛×嘉門工藝 展

2013年2月16日(土) - 3月3日(日)  午前11時―午後7時 火・祝休廊 / 銀座本店

うつくしい造形と深い世界観、誰も真似のできない根来の朱の色で知られる村瀬治兵衛先生。
本展では村瀬治兵衛先生のさまざまな漆工藝作品と、それらの作品群と響きあう
嘉門工藝による日常使いの道具を併せてご覧いただきます。

お茶をめぐる試み。現代ならではの“もてなしのかたち”を志向し、
金工・陶・ほか工芸の第一線の作家達と試行錯誤されながら生まれた作品がならびます。
また、祝の場における漆と節句飾りも会場を彩ります。

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

◎2月16日(土)・2月17日(日)は、村瀬治兵衛氏による呈茶(立札)を予定しております。
 お楽しみに。詳しくはお問い合わせください。Tel 03-3573-3313

村瀬 治兵衛

村瀬 治兵衛

jihei murase

当代 村瀬治兵衛は、江戸時代より七代続く木地師家に生まれ、三代前から木地師の仕事に加え漆塗りまで一貫しててがけるようになった「治兵衛」の名を平成13年に襲名しました。 » 続きを読む