■ 平松礼二展 花・かざり Japonism 2012 2012年9月8日(土) - 9月21日(金)  / 銀座本店

平松礼二 「ジャポニスム モネの池柳図」 日本画65.2×32.7cm平松礼二 「日本の祈り」 日本画180.0x85.0cm平松礼二 「倣・光琳燕子花図」 日本画65.2×32.7cm

*掲載写真は作品の一部です。各画像をクリックすると拡大します。

平松礼二展 花・かざり Japonism 2012

「画家と庭」発刊記念

2012年9月8日(土) - 9月21日(金)  午前11時-午後7時 日祝休廊 / 銀座本店

このたび、ギャラリー桜の木銀座では、書籍『画家と庭』の刊行を記念し、平松礼二新作個展を開催いたします。

日本の誇る美を見つめ、強く圧倒的な世界観であらわす平松礼二ならではの「江戸・ジャポン」の世界と、2012年の今年、あらたに向かう「印象派・ジャポニズムへの旅」の世界。最新作30余点をどうぞお楽しみください。


『今年、新たな気持ちで、印象派・ジャポニズムへの旅のシリーズに向かいました。
発表から14年を経て、モネの庭にも、モネの絵画にも、日本の美の本質にある
“かざり”の美と同じものを実感しています。日本美の特質には世界性がある。
この確信は年々深まりを見せています。』
― 平松礼二


【画家と庭】 

求龍堂刊 著:平松礼二・平松裕子 156頁オールカラー ¥2800+税

本展と同時に、奥様と初の共著となる、写真集が刊行となります。
 自然と一体となった作品づくりを実現するため、軽井沢のアトリエがある広大な敷地に、10年前から多くの草花を育てている、平松礼二・裕子ご夫妻。四季折々に、色とりどりの花が咲き、鳥や虫たちが生活圏をつくっています。
『いつでも、画材となるお花をたやさぬように』と静かに画家・平松礼二を支えてこられた、裕子夫人が育む庭のすがたを記録した大量のカラー写真と、一緒に試行錯誤をして庭を育て上げ、描いてきた平松先生の文章や素描が掲載。この一冊には、ご夫妻の花と向き合い、真の姿を描き出そうとする真摯な画業がまとめられています。(9月より各書店で発売予定)

平松 礼二

平松 礼二

Reiji Hiramatsu

1941年生まれ。無所属
東京セントラル美術館日本画大賞展優秀賞、創画賞、山種美術館賞展大賞

横山操に憧れて画家を志し、氏が所属する青龍会に出品、入選を重ねる。青龍会解散後は創画会を経て無所属で作品を発表。
ライフワークとなる「路」シリーズがスタートした30代後半「横の会」結成に参加。40代には日本画家の登竜門である山種美術館賞展大賞受賞など著名な美術賞を総なめにする。1999年に発表した「印象派・ジャポニズムへの旅」は国内外で大変な話題を集め、2000年より11年間「文芸春秋」の表紙画を担当した。
"江戸・ニッポンの美への驚愕"が起爆剤となった印象派から100年の時を越えて、平成... » 続きを読む