工藤茂喜 作品1工藤茂喜 作品2割蓋箱 へぎ/黒錆・黒箱 32.5×15.2×10.4

*掲載写真は作品の一部です。各画像をクリックすると拡大します。

工藤 茂喜

工藤 茂喜

Shigeki Kudo

木材に楔を入れて割り裂く、古代からの技法「へぎ」
工藤茂喜は、木曾の檜材それぞれの個性と対話しながら、慎重に割き、割き戻し、漆を用いて、通常では目にできない木の中に潜む美しさを最大限に高めて見せてくれる
ぴたっと吸い付く重ね皿、一木から生れる幸福な箱と蓋、木の中身を刳り抜いて造る酒器や花器
和でもあり洋でもあり、理知的で魅力ある造形である

年譜

1958年 東京生まれ
1986年 東京芸術大学 工芸科大学院 漆芸専攻修了
1998年 「移ろいゆく光を感じるためのテーブル」、『木と漆のクラフト大賞展』(木曾)に入選
    同年、銀座・柴山画廊にて、金工家との2人展『野暮展』開催
1999年 渋谷・東急本店にて初個展開催
2001年 渋谷・東急本店にて第2回個展開催
2003年 青山・オムニクギャラリーにてスタジオ「温展」開催
2004年~2007年 渋谷・ギャラリー介にて「へぎ箱展」開催
2006年 ロンドン・flowgalleryにてKATACHI展出品
2007年 ロンドン・flowgalleryの推挙でCollect展出品
2008年 萩(山口県)・彩陶庵にて「へぎ展」開催
2011年 日本橋・高島屋にて「へぎのうつわと銅のオブジェ」2人展開催
      ロンドン・flowgalleryにてWoodshow出品
2012年 日本橋・高島屋にて「へぎのうつわ」個展開催
2013年 目黒・館 游彩にて2人展開催予定

京都西本願寺等の寺院建築漆工の仕事を経た後、
木や漆を素材として、家具や雑器を木地から製作。
また、公共空間の金箔工事や漆を施した玄関扉などの内装工事も多く手がける。

展覧会情報
この作家に関係する記事