「Untitled」 1988 アクアチント「Untitled」 1988 リトグラフ「Vorstellung」 1981 アクアチント

*掲載写真は作品の一部です。各画像をクリックすると拡大します。

サム・フランシス

サム・フランシス

Sam Francis

1923-1994 アメリカ生まれ

20世紀を代表するアメリカの抽象画家。
1923年カリフォルニア生まれ。カリフォルニア大学で植物学、心理学、医学を学ぶ。
第2次世界大戦中の飛行機事故で負傷、病床生活をおくる中で絵を描き始める。
大学に復学し絵画と美術史を学んだ後、1950年パリに渡り、抽象画家として世界の認知を得る。パリ~ニューヨーク~東京のスタジオを行き来しながら、鮮やかな色彩がほとばしる独特の作品を創作し続けた。ユングの理論、日本美術と禅に通じ、日本には縁が深い。

主な作品収蔵先

MOMA、NY近代美術館、サンフランシスコ市立美術館、ワシントン国立美術館、国立西洋美術館、東京都現代美術館、出光美術館、大原美術館、滋賀県立近代美術館、愛知県美術館 等

年譜

1951年 パリ市近代美術館の「第7回サロン・ド・メ」に出品
1956年 スイスのバーゼル美術館の為に三幅対の壁画制作 
    日本の勅使河原蒼風から東京の草月教場の壁画制作を依頼され制作
1962年 第3回東京国際版画ビエンナーレ展で国立西洋美術館賞を受賞
1967年 ヒューストン美術館など巡回の回顧展
1968年 パリ国立近代美術館で個展
1969年 カリフォルニア大学バークレー校から名誉博士号を授かる
1972年 バッファローのオルブライトノックス美術館で回顧展
1980年 サンフランシスコ美術館の為の5連パネルを制作開始(1986年完成)
1993年 ドイツ、ボンの新クンストハレで回顧展開催
1994年 カリフォルニア州サンタ・モニカで逝去。享年71歳
1999年 ロサンジェルス現代美術館で回顧展「サム・フランシス:絵画1947-1990」開幕
    同展は、メニル・コレクション(ヒューストン)、国立ソフィア王立芸術センター(マドリッド)、ローマ現代美術館に巡回

展覧会情報
この作家に関係する記事

該当する記事はありません。